はい、やっぱりカッコいいですね!これはもう文句なしでしょ!?ウエーブディスクもイイ感じにスポーテな感じの演出に一役かっていますね〜。今回こんなにハデ派手はゴールドホールにしたんですけどホイールの色は本当に悩みました。当初はブロンズを買おうと思っていましたが、ホントにそれでいいのか?と思い再検討。黒は普通だし白はカッコ悪いポリッシュなんかはもう論外。そうするとゴールドか?思って装着した時の感じをイメージして考えて考えて考え抜いた末にゴールドに決めたわけです。

じゃぁ早速試乗して見ます。一番不安なのはローターなんですが、悪い噂は聞くものの良い噂は全然聞かない・・・大丈夫か?やっぱり微妙でした。何が?と言いますと”精度の悪さ”です。厚みが均一でなくブレーキを握ると厚いとこと薄いとこの差でブレーキがガクガクする!しかもかなりの振動!不用意に握りこんだら間違いなくコケるな(|| ゚Д゚) 面が出るまで安全運転を徹底しなければなるまい。
で、肝心のホイールはと言いますと・・・軽い!タイヤが新しいと言うのも有りますがそれだけではない軽さが体感できます。軽くスラロームした程度ですがヒラヒラと軽く切り返していきます!バネ下が軽くなってサスの動きも良くなったのか路面の追走性も向上したような乗り心地。
ブレーキ以外はとても素晴らしい!これ以上の機能パーツは存在しないかもね! 絶対オススメです!!

これで取り付け作業はすべて終了!輝くゴールドのホイールにうっとり(〃 ̄ー ̄〃)
では、どんだけ変わったかざっと見てみましょう!

リアは何の問題も無く取り付け完了。
タイヤの端がチェーンカバーに当たる可能性があると説明書に書いてあったのでカバーを少しカットしました。

ゲイルの良いとこはノーマルハブダンパーが使えるとこ。そういった面も考えると、NSRホイールを付ける事を考えるとコストパフォーマンスに優れている事がよく分かります。リアもフロント同様オイルシールをノーマルから移植して車体に組み付けます。

スピードメーターギアにピヨピヨ音防止の為にグリスをたっぷり押し込んでセットします。ローターがデカ過ぎてキャリパーを取り付けるのにスゲー苦労しましたが、何とか取り付ける事かできました!

カラーをはめようと思ったらオイルシールが無いことに気がついた!慌てて説明書を読んで見ると、ノーマルホイルから外せと書いてあった。ノーマルホイルからシールを外し使えるか状態をチェック。出来れば新品パーツを使いたい物です。 

A
C
B
@
まず交換にあたり、ん?と思ったのは付属サポートに付いていたピンが裏表逆に付いていた。大したことではないけど、気になる人は我慢できないかもね? こいつを元の向きに直して写真Aのピン?を外します。少々固着しているらしく回る気配がない・・・力ずくではナメる可能性があるのでラスペネをぶっかける。でも、回る気配がない。今度はバーナーで温めてからオリャ!回った!!写真B 
で、外したピンをサポートに付けて出来上がり!写真C 
ここで、サポートにキャリパーを付ける際に少し戸惑ったのが取り付けたピンの位置。
ピンの位置をキャリパーの穴の位置に合わせるようにサポート側で調整するように長穴になっていて、チャンと合わせないとキャリパーが付かないので注意が必要です。

それでは組みあがったホイールを車体に組み付けたいと思います。
車両に取り付ける際にフロントのディスクローターが大径化され220パイになっているのでローターに付属してきたキャリパーサポートを使ってローターの径に合わせます。

after
before

取り付け完了編

ゲイルスピード!