’17.2.17更新

まずは材料探しです。道具箱をあさっていると出てきたのは’07のYZF-R1についていたプレストのナンバープレートホルダー。厚さ3mm位のアルミの板です。
こいつでインナーバッフル的な物を作りたいと思います!で、ホールソーで約35mm位に丸く切り出してマフラーをバラしてパイプの経を測ってみたら・・・27mm位だった(;´Д`) サイレンサーが2本だから細くなってたのか〜 しょうがないのでハンドグラインダーでちょうどいいサイズまで丁寧位に削っていきます。ここでサイレンサーの取り付け部の作りを確認してみると、少し変わった作りに・・・

デュアルマフラー
     方排の改善!

これが、完成した状態です。最初はマフラーに付属していたバッフルを付けようか考えたんだけどルックスがあまり良くなかったので、これなら覗き込まなければわからないので仕上がりに満足しております。

分かりやすく説明するとこんな感じです。
テーパーの部分にうまくバッフルを挟めば綺麗に収まるはずなので、サイズ合わせをしながらアルミ板を少しずつ削っていきエキパイとほぼ同経まで落としていきます。経が決まったら板の淵も少しテーパー状に削って収まり良くしてあげます。肝心のセンターの穴は適当なホールソーがなかったのでリューターで少しずつ削り穴を広げていきました。割合を確認するため何度か装着・確認を繰り返しこれ以上は難しいか?てとこで良しとしました。

と、言うわけでしてこいつを装着した時から気になっていた方排状態をなんとかしたいと思います。
現状は8対2位の割合で左に排気が集中しています。ですので左ばっかりナンバーが汚れたりサイレンサーの出口が焼けたりしています。で、マフラーを何時ものごとくボ〜と眺めていたら閃いたので作業してみました!

上の写真と同じ物ですが完成状態です。パッと見は全然わかりません。
排気の状態はほぼ半々、若干左が弱いかな〜?て感じです。音量も変わらずで割合が変わった感じで試走した感じも特に変化を感じませんでした。
コレで方排問題は解消!てことにしときます。