んんんん??ないぞ?あれだよあれ、でかい丸いのがサ、
ないんだよ〜!
そうです、賢明なKSRオーナー様なら一瞬にしてお分かりになられるかと思います、「プライマリギア加工」が施されているではないですか!?武様のパーツではなく、SOHPオリジナルの加工です。
前オーナーが「STRIKERから購入した。」と言っていたので、ショップの試乗車だっのかもしれない、、まさかこんなサプライズがあるとはとてもラッキーである。(武様のギアを買わなくてホッとしている)
で、話はそれましたが、お話のメインは、クラッチスプリングを追加すると言うものです。
ご存知の通り、KSRのクラッチスプリングは4本です。
それに余っている2箇所にスプリングを入れる簡単な作業です。
試乗した感想は、こいつはおすすめ!皆だまされたと思ってやってみな!!
たった1000円でこれだけ体感できればOKです!
なんで初めから6本にしたのだろうか・・・?
それが男カワサキのバイク道なのか!?

完成ですヽ(●´ε`●)ノ
だんどりよければ15分位で出来ちゃうんじゃないっすかね?

予算もお手ごろ、スプリング×2・ネジ×2・ガスケット×1で1000円弱でした。
カバー外したついでにカバーのボルトを+ネジからヘキサゴンタイプのものに変更(6ミリ×35ミリ×9本)、普通に考えて+ネジはありえ無いYO!

スプリングカバーをしてねじで留めます。
作業はこれだけ!!
誰でも出来ます。

E/gのクラッチ側のカバーを外すと、でかいパーツ(クラッチハウジング)があります。
そこにある4本のボルトを外すとクラッチスプリングが出てきます。
余っている箇所にスプリングを他と同じようにセットします。

クラッチスプリングの追加