こちらの画像を見ていただければ一目瞭然ですね・・・
一周回してこれだけ歪んでますこりゃハンドル触れるよね〜
走行中にキャリパーを上から見ると物凄く左右に振れてましたからね。多分普通の人じゃ怖くて絶対乗れないと思います。
’17.4.9更新

リバーサイド 
  NISSIN2POT
   キャリパーキットで問題解決!! 

あとはキャリパー付けてエア抜きすれば完成です!うぅ〜んナイスですね〜 カッコイイです!なんかカスタムバイクみたいですね!!
で、問題のエア抜き何ですがま〜苦労しましたよ、なにがってタッチがあまりよろしくないんですよ、イメージではイタりィ〜号のノーマルのカチッ!て、手前から効く感じをイメージしていましたがかなり奥で手応えが出る感じです。でも、一応ちゃんと動いているのでとりあえずこのままで行きたいと思います。ここで、もう一つ問題が・・・車体を引き回して見ると何やらローターがガリガリ鳴っている!?ローターを見てみると少し何かがかじった跡が付いているじゃあーりませんか!パットを外してみるとパットプレートが少し歪んでいてこれがいたずらしてローターに干渉していたみたいこの部分を直したら静かになってとてもスムーズに動くようになりました!

キットの選定には本当頭を悩ましましたよ〜ノーマルキャリパーを残しローターだけをシフトアップ製にするか、ちょっと気張ってBEETのノーマールキャリパー対応のキットにするか?はたまたもっと気張って武川のキャリパーキットにするか…悩みに悩んで予算と内容で選んで東京にありますリバーサイドさんのビックローターキットにすることにしました!
ローターとキャリパーだけのセットでお値段、送料代引手数料込みで3万840円です!

とりあえずバラします、最大の難所はローターを外す作業です。
まず、セオリー道理にボルトをヒートガンで温めてからショックドライバーで回していきたいと思います。
まぁ、温めるまでは良いです。問題はショックドライバー・・・
ゲイル歪まないかな?ちょっと心配です。
心配しながらショックドライバーをプラハンで引っ叩きます!
これでもかと引っ叩きましたが、手応えなし・・・

と、言うことで今現在使用中のタイ製ローターに命の危険を感じてきたのでコイツをなんとかしたいと思います。
何が命の危険かと言いますと、まず高速域でハンドルが触れる、ブレーキの効きが非常に悪い、て事でローターが歪んでるて結論なんですね。先日のツーリングでマジヤバイと思うシュチュエーションにあってしまったので居ても立ってもいられなくなりました。

完成しました〜!キャリパーはレッドでもよかったかもしれませんね。買えないだけですけど、ブレンボとかよりサイズ感はナチュラルな感じで自然です。ブレンボとかだと2POTでもかなりのサイズですから取って付けた感じが否めないんですよね〜この一見純正かどうかわからない感じがたまりません!
この日は天候が良くなかったので翌日に近所をぐるっと試乗してみました!
で、感想は・・・抜群に良いです!!忘れかけてたあの感じ!フロントか抵抗なく転がる感じ・・・
そして、パッドがローターに食い込む感じ・・・あぁ〜全てが懐かしい(T▽T)
だけど、どうしても純正のタッチじゃないんだよね〜 で、たどり着いた結論が、”マスターの経”です。KSRのマスターの系は11mmです。対してグロムなどのニッシン2POTを採用しているホンダ車は経が1/2なんですね、ホンダ車のが若干経が大きいんです。この場合マスターとキャリパーの関係は純正比でキャリパーが大きくなるとマスターは容量が足りずタッチは柔らかくなり奥へ行くことになります。逆にキャリパーはそのままでマスターが大きくなるとタッチは固くなり握力が必要になるみたいです。合っているかどうかわかりませんが調べたらこんな感じでした。まあ、そのうちラジポンでも入れてやるさ〜
て、事で命に関わるブレーキの問題は解決しました!!

ホイールにローターが装着されました!思ったよりボルトが主張してませんね〜もうちょっと目立つと思ったんだけどな〜 
リアのロータは既存のままです。リアローターも若干歪んでいて制動力は皆無です。でも、アシスト程度に効いてくれれば良いので続投決定(予算が無かったとも言う)。ちょっと心配だったのがローターのインナーのカラーの選定。コチラ、ゴールドorグリーンのどちらかとキャリパーはブラックorレッドの組み合わせ自由で選べます。オイラはブラック&ゴールドで選びましたがゴールドがゲイルと被ってるんですね〜ヘタこいたらお下品になってしまうのでは?!と思っていましたがそれ程お下品にならなかったです!

なぜ武川にしなかったかと言いますと、ブレーキホースがいらない・キャリパーが同じニッシンなのにデザインがカッコ悪い・値段が高いの3点です。リバーサイドのキットはキャリパーが2POTでこれが最大の魅力です。このキャリパーにKSR110に合うキャリパーサポートがセットされていてボルトオン状態になっています。。ローターは今までと同じ220mmで、タイ製ですが作りがしっかりしていて安心できます。でも、フローティングピンがカシメて有るのでアウターだけ交換する際は大変そうです。で、ローターを止めるボルトもちょっと凝ってみました!Yショッピングで検索していたらチタン風のカラーのローター用の化粧ボルトを見つけたので前後共にこのボルトに交換することにしました。

この状態で作業は一段落、パーツの到着を待ちたいと思います。

どうするか〜と、途方に暮れている時に思いついた!
コレはショックドライバーが悪いんだ! そうです、オイラのショックドライバーはプラスティック製で貫通力が非常に弱いんです(;´Д`)
急遽、イタりィ〜にちゃんとしたショックドライバーとハンマーを借りてきて再びトライ!
叩く事数発・・・回ったーーー!!
コレで何とかなるぞー でもゲイルが歪まないか心配だな〜

外したロータを平らな面に置いてみました。見事に歪んでますね。
こんなんでよく今まで走って来れたもんです。