ヨシムラ 
TM−MJN26 装着!!

ど〜してもヨシムラのステッカーが貼りたくて、KSR用のヨシムラパーツを探していたけどなんも販売されていない・・・エンジンパーツはH社ばかり、ハイカム位発売してくれればいいのにその気もない様子。
それでも何かないかと探すと、汎用性が高く高機能それでいて自己主張が強いもの!と言ったらコイツしかありません!! 決してVM26が嫌いになった訳ではないです。

今までの仕様は、武川VM26キットをノーマルエアクリ改に接続して使用していました。基本的には同じ取り回しでKSRに組み込みたい。武川マニホールドにTM-MJNを組むべく、ネットで情報収集をしてしたけど、これだ!と言えるネタもなくもだえていたところ、友人のyossy氏からボディーサイズに関する貴重な情報を提供していただいたので購入を決意いしました。

では、早速身体測定しましょう。今回のモデファイで肝心なのはVMとTMの寸法と武マニのインシュレーターがどの程度互換性が有るか?て事です。
まずは、外見。ガンメタのボディにトップキャプのレッドそしてフロートボディにヨシムラエンブレム!この組み合わせにヨシムラファンならば一ころであることは間違いないだろう。

何はともあれ取り付けて見なければ始まらないので、組んでみると私の心配をよそにすんなりくっ付いた( ; ゚Д゚) んじゃチャンと動くンかい?とキック一発!
   キタ━━━━ヽ(´д`*)ノ━━━━!!!!

 始動確認!!

簡単に採寸してみると問題になりそうなのはマニ側の口径の違いからくるインシュレーターの互換性、VMとTMとでは口径が3mmも違う・・・インシュレーターの口径から見ても2mm小さい。まぁ、半径で考えれば1mm程度の誤差なのでバンドで締め上げれば何とか成るだろう(この半径1mmがTM購入の引き金になりました)

今回、キャブをTMに交換しましたが、VM26のが整備製よくMJの交換や各部の調整が非常にやりやすいです。その点TMはこの取り付けだとASが裏手に入ってしまい、キャブを外さないと調整が不可能です、チョークも少しやりにくい場所になってしまいます。
あと、アクセルワイヤーがVM用だと少し長くて調整幅ぎりぎりになります。
とにかく、武川マニホールドにTM-MJN26はほぼボルトン?で付くと言う事が実証されたのでよかったです!!
エアクリ側 口径   マニ側 口径
武川 VM26   44mm    35mm
ヨシムラTM-MJN26   44mm    32mm
ヨシムラTM-MJN24   44mm    31mm
取り付けピッチ  キャブ取り付け内径
武川インシュレーター   58mm    34mm

参考までにTM-MJN26の出荷時の状態
MJ #102.5
PJ #25
AS 全閉
MJNクリップ 上から2段目

ストック状態で、吹け上がりが力強いし、VMより回転にパワーを感じる。このまま一回乗って来ればよかったが、ブリッピングしたときに少息つきするようだったのでMJとSJを交換して思考錯誤したものの解決できず、結局MJストック・PJ#22.5・AS1回転戻しの状態で試乗。なんか変な感じがするが難なく走行できたので今日のとこはこれで良しとした。念のために走行後プラグのチェックをしてみると、少し白く焼けていたのでもう少し濃い方がイイみたい。

取り合えずこんな数値で落ち着きました。
排気量スタンダード+武川K10ハイカム 気温8度 晴れ
MJ #107.5 PJ #22.5
AS 1回転戻し MJNクリップ 上から2段目

1m位巻いてみた・・・見た目はイマイチな感じがするが、組んでしまえば分からないので気にしない。で、組んで見るとピッタリとは言わないがかなりイイ感じ!エンジンを掛けてみるとアイドリングが安定するようになりました!やっぱり二次エア噛んでたんだね・・・
で、セッティングのため、乗っては調整を繰りこと数回、組んだ時の印象からなんとなく方向性は掴んでいたので、手元にあるジェット類でベスト?と思われるセッティングを出すことができました!

         ↑
ちなみにコイツがこのキャブの命、
マルチプルジェットニードル 通称”MJN”! 
小さい穴がいっぱい開いてるのが見えますか〜?

後日、変な感じを直すべく一から見直してみることにした。まず取り付けからチェック。アイドリングがイマイチ安定しないので、二次エアを噛んでる可能性がある、口径がインシュレーターより小さい物を無理やり締めこんでるのだから可能性は大。行きつけのホームセンターでマフラー補修用のアルミテープを購入。

キャブにコイツをグルグル・・・