いよいよポキのKSRがとんツーデビューのやって来た!今回のとんツーは山梨県へ向かうロングラン。TZMではとてもじゃないが完走はできない距離を走ることになる。もちろんポキがKSRであることを考慮しオヤジが選んだコースである。前半はおとなしく走り、最後の52号でさすがにかったるくなったので、走行距離500キロで慣らしは修了!速度を上げ始めると”こいつ意外と走るぞ!?”話いに聞いていた走りとは全然違う一面を見せ始める。軽いハンドリングと粘りのあるエンジンで、軽い上りもグイグイ走って行く!誰だよKSRは遅いなんていったヤツぁ〜よ!?ノーマルでも結構いけまっせ。

アーシングをしているおかげか、エンジンの振動はノーマル状態の半分以下、しかもトップスピードは100キロ近くまででた。
さすがにこれにはオヤジもびっくり!! 意外とノーマルも悪くなよ。

初めてのとんツー そして慣らし終了

まだまだ、慣らし終了までの道のりは長い・・・とりあえず何かしてみたいので、ハンドルのグリップとミラーを交換してみた。ミラーは部品交換会で購入したカーボン柄。ブリップはオヤジのマネになってしまうが、極太40Φのスポンジグリップ!こいつがいい仕事をするので皆もマネするように!で、オヤジに納車祝いにクラッチスプリングとKLX110のエアダクトをいただいた。スプリングはクラッチ交換時に装着するとして、エアダクトは早速取り付けることにした。装着は簡単、ノーマルと交換するだけ。「これだけでは芸がない!」とオヤジがフレームに付いている吸入口をカッターで切り始める(|| ゚Д゚) 「大丈夫!失敗したらオレのダクトあげるから心配すんな!」なんと無責任な!? 黙ってオヤジの言いなりになって、キャブのセッティングを変える。MJを1サイズ上げて、ASを1/2回転閉める。 オヤジを疑うわけではないが、半ば信じられない気持でエンジンをかけてみると・・・お!かかったぞ!! んじゃ乗ってみるか。 おぉ!パワーアップしてるぞーーーー!!!ノーマルでも不満がなかったパワーだけど、さらに力強くなっているじゃねーか!!
オヤジよ意外とやるじゃねーか・・・

後日、気を取り直して乗る訳なんだけど、勿体なくて乗る気がしない(;´瓜`) 愛しすぎるのもこれまた問題だな。自分に鞭打ってエンジンをかける。う〜んとってもサイレント。いつもオヤジの爆音を聞いてているので静かすぎるほど静かだな。ギアを1速に入れてそろそろと走り出す、お!?遠心クラッチは意外と良いんじゃないっ!?スクーターみたいで楽だあ〜!極低速から中速にかけのトルクが厚くて乗りやすい、オヤジKSRにはない感じがする、ハンドリングもヒラヒラと軽快に走る、良い意味で期待を大きく裏切ってくれたぜ!!

わざわざ埼玉まで行って購入してきたKSR110、大急ぎで地元ま帰ってきて、早速役場に行って登録してナンバーget!オヤジが喉から手が出るほど欲しがっていた番号をいただいてきてやったぜ(これでまた差がついたな)。じゃ乗ってみるかと思ったがこの夏流行りのゲリラ豪雨にやられ乗れずじまい・・・
しかもオヤジに見せびらかそうとしたら、この記念すべき日に”車をぶつけられて走行不能なので救助求む”の連絡が!?
仕方がないのでオヤジを救助してこの日は乗れずじまい・・・
これがKSR110との初日の出来事だった
。゚(゚´Д`゚)゚。

episode1

ミニバイク生活スタート!