episode2

クラッチとフェンダーレス
          がつきました

出来た〜〜〜ヽ(´ー`)ノ ウインカーの位置にかなり悩んだけど形になったよ〜〜!
穴の位置もバッチリだ。テールカウルを取り付けると・・・ウホォォォォォッ!!!
カッコいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!
あっ!?ごめんなさいあまりにカッコよすぎて野生に戻ってしまいました。

さすがのオヤジもコイツにはまいった様子で、感心しまくりだったよ。

慣らしも終わって(500`で強制終了)いよいよ本格的にカスタムを始めるゼ!
オヤジを叩きのめすための第一弾はフェンダーレス。その辺に売ってるフェンダーレスではその辺のKSRと同じようなテールになっちまう・・・そこで、ボキが選んだのはDRC社製汎用フェンダーレス。こいつを流用してイカしたフェンダーレスを作ってやるぜ!!


オヤジ監修のもとどのように取り付けるか議論を繰り返し、テールレンズを出来るだけ奥へ追い込むとカッコいいという結論に達し、上手に取りけられるように加工開始だ!

取り付けはスンゲーかったるくて、細かく書くととてとてもじゃないけどオヤジが書ききれる内容では無い事は確かなんだよね。
工具もインパクトなんかがないと絶対無理。道具がない人は迷わずショップに頼むことをお勧めするよ(ボキはインパクトを借りてきた)。
で、途中は省略して、オヤジの手伝いなんかもあって、何とか完成!じゃあ早速試乗と行きますか!エンジンを掛けるべくキックペダルを踏み込むと・・・スカッ!スカッ!????手ごたえなし(|| ゚Д゚)どうしたKSR!なぜ目覚めないんだ!
冷静に症状を確認すると、どうもクランクまで動力が伝わっていない様子。仕方がないので、バラシテみるとシフトシャフトのスプリングの組み付けが間違っていた。ここを組んだのはオヤジの仕業。オヤジは深く謝罪して反省していたので、本来ならばグーで殴り殺しているところだが、日ごろ世話になっているので慈悲深いボキはオヤジを許してやることにした。
まぁ、問題点が分かっていればなんてことはない、スプリングを正しくセットして元通りに組んで行きます。
次はちゃんとエンジンもかかり動力もしっかり伝わっている。しかし天候は雨模様になっており試走は後日にした。

ある日、オヤジが”中古のタイヤを購入するのでお前も買うか?”と話を持ち込んできた。FタイヤはもらってきてあったのであとはRタイヤがあれば前後が揃う。オヤジにタイヤを頼み、タイヤを早くも交換することになった。タイヤの銘柄はBT601SS。
オヤジ情報ではチェーンは102Lなければダメだと言われたが、なんせ急な話であった為にとりあえず純正100Lでつけてみた。すると、ギリギリではあるが、なんとかスイングアームに納まった!なんだよ100Lでもイケんじゃん! 
じゃあクラッチの試乗も兼ねてその辺を一回りしてきますか!オヤジとガレージを出発して500m オヤジ「なんか、当たってるみたいたぞ?」と言われとりあえずガレージに引き返す事にした。また数百メートル走ると「タイヤがひどく削れてるぞ!」と指摘を受ける。
ガレージに戻るとタイヤは見るも無残な姿になっていた(TдT)  スイングアームとタイヤの間に小石が入りそいつが悪さをしたためタイヤを削っちゃったみたいだ。
仕方がないので安物のチェーンを購入してきて102Lでセットする。今度は大丈夫そうなので気を取りなおして一回り!

・・・結果から言いましょうか、ダメだコリャヽ(τωヽ)ノ  タイヤはイイ! だけど、遠心クラッチを失ったエンジンはレスポンスは鋭くなったものの、ノーマルエンジンのトルクの粘りが無くなってしまい、ただの非力なエンジンになり下がってしまった・・・
最高速もノーマル状態で100`近く出ていたものが80キロも出なくなったちまったよ・・・
これからなんかいい方法を考えて、対策しないとこれじゃあまりにも辛すぎるかもな〜

こんなになっちゃった。゚(゚´Д`゚)゚。

じゃあ次にクラッチKITを取り付けようかな。Y!オクでかなり前に購入した物。武川のプライマリギアを別で購入したあったので、更なる性能向上を目指す事にします。

武川のクラッチKITもどれにしようか相当悩んだあげくにオヤジには新しいKITにしろと進められたが、どうしても油圧タイプにしたかったので、新KITはとてもじゃないが購入不可能だった。で、オヤジと同仕様のKITを選択したわけだ。

はい出来上がり♪

穴を開ければ

切って