11月21日 第13回 
     とんかつーリング&秋の紅葉
       in 長野県飯田市「3びきのこぶた」

お目当てのとんかつも食らってお腹もいっぱい!丁度折り返しなのでバイクにもお昼ごはんを満タンにしてあげます。

市街地まで出てきたので取り合えず飯田駅まで行ってからお店の正確な位置を確認することにしました。駅に到着しイマイチ調子の悪い”みんなのナビ”でお店を検索しようとしたら後方からミニパトが接近!”なんだ〜?!”と思ったら一向が止まったのは交番の真ん前( ̄□ ̄;)ナント!! まー別に悪いことしてるわけじゃないんでついでにオマワリにお店の場所を聞いてみました。

オイラが道を説明してもらっている間にイタりィ〜&マッキーは交番の便所を拝借。みんな勝手にオイラが道を聞きだすまでの時間をつぶしていました。

体も大分温まり少し落ち着いたので再び152号で飯田市へ向かいます。走りだして数分温まった体のおかげで逆に余計に体が冷え始めてきた!流石にこれはきつい・・・時間的にもう休憩を取っている暇はないので我慢しどころです。道路の看板によると飯田市方面矢筈トンネルまでは約7キロ、小さな街を抜け再び山道に突入していきます。相変わらづどこにいるのかよくわかっていない一同。取り合えず飯田方面に向かっているのは分かっているんだけど、予定のルートを走って居るのかさえ分かっていないオイラ・・・なんとか矢筈トンネルまで到着、ここのトンネルはそこそこの距離があるので勿論最高速バトルが始まる訳だが4ミニ軍団は気温せいでセッティングが外れたかそれともエンジンがヘタっているのか高速域が全然伸びてこない。4ミニ軍団が四苦八苦しているなか最後尾から静かにそして圧倒的な速度差でRS125に抜き去られてしまった・・・それを追走するXR100、とてもじゃないがKSRではついていけない(´ヘ`;) トンネルを抜けオイラがまた先導で走りだします。全然道わかってねーのにオレでいいのかな?なんて思いながら紅葉を楽しみながら山をひたすら下って行きました。

足を入れても拭くタオルをもっていないので一番冷えている手を足湯に入れて温めることに・・・こりゃ〜たまらん(  ̄ー ̄) 手だけでも効果抜群!みるみる体が温まって行きます!!
ルックス的にはかなり間抜けですけど死んじゃいそうに寒かったのでしばし足湯にて体を温め続けます。


なんとか元気を取り戻し気を取り直して道の駅を軽く散策してみます。肝心の道の駅自体は隅っこで小さくなっていまして、施設の中心はやはり”遠山温泉郷かぐらの湯”でした。お土産ショップをのぞいてみるも大したものもなくスルー、その隣の地場産品の直売所がありました。そこでミカンの試食をもらいフラフラしているとテントで何か売っていたのでのぞいてみまいした。

やっと山道を下りきり人の気配がある辺りまで降りてきました。飯田市方面国道152号をひたすら走り続けます。すると”道の駅”の看板を発見!少し通り過ぎるも慌てて引き返し暖を取りに急いで道の駅に逃げ込みました。

天竜川を上って行くとだんだんと気温が下がって行くとともに紅葉も綺麗に色づいて行きます。道路に設置されていた気温計を見ると3度の表示・・・さみ〜ななんて思っていると段々とペースが上がって行くことに気がつく。テレビで見るような綺麗な景色が続いているにも関わらず先導のyossyのペースが速い!「景色を楽しめ〜!」とメットの中で叫ぶも聞こえるわけもなくガンガン走ります(;´瓜`) 道もどんどん細くなって行き車一台が通るのがやっとな道が続くようになりクネクネとツイスティな道が永遠と続きます!これがある意味今回の狙いでもある”走行ルートの大半がワインディング”という超ドM裏企画なんですね〜 これから先がドンドンきつくなりまっせ〜(  ̄ー ̄)
で、次に温度計を発見したら写真をと思っていたので道の駅から約1時間走行した辺りにあった温度計のとこで写真撮影を兼ねて小休止。でそこの温度はナント1度( ̄□ ̄;)ナント!! 一同完全に凍えて苦悩の表情を隠せないでいる。で、人間ゼッ不調のイタりィ〜ですが、今回もKSR君が標高と気温のせいでイマイチ調子が出ない模様、キャブが張り付き何度かヤバい時が合ったらしい。

道の駅から見える橋”虹の架け橋”です。周りの風景と見事にマッチしております。
軽い自己紹介を済ませ一服後、このまま国道152号で長野県まで向かっていくことにします。

寒さに震えながら、yossyの先導で国道152号を天竜川に沿って上って行きます。以前から”とんツー”にぜひ参加してみたい!と熱望していた奇特なyossyの同僚との待ち合わせ場所”道の駅 花桃の里”へむかっていきます。少し山間に入って行くと船明ダムがあり少し色づいた紅葉とダム湖の綺麗な景色が続きます。
まだまだ朝も早いので観光の車も少なく快調に走っていきます。道の駅が見えてきて駐車場に入るために右折すると、いつの間にか真後ろに知らないバイクがピタリと付いてきていたことに気がついた!
そうですコイツが今回初参加のアプリリアRS125を駆るマッキー君でした。

あっという間に2010年ももう11月・・・今年の戦績は黒部に行っただけであまりにも活動が少なすぎました(´・ェ・`)  そんな苦い思いを晴らすべく今年最後のとんツーは、とんかつ&紅葉のコラボで攻めて見たいと思います。今回のとんかつは紅葉の見ごろルートを踏まえ長野県飯田市にあります”3びきのこぶた”に行って見たいと思います。ここの所イマイチ私生活で乗りが悪く細かいタイムスケジュールや立ち寄りスポットなど何も決めて無かったのでやっつけ仕事的な所があるが仕方がないか・・・

で、とんツーウィークに入り風邪をこじらせ参加が危ぶまれたイマイチイマイチ調子の悪いイタりィ〜のハイエースにKSRを積み込み当日早朝に磐田入りしました。

辺りもすっかり暗くなり17時30分無事にyossy邸に到着です!
オイラとイタりィ〜はこれから伊豆に帰らなければならないので一服する間もなく帰り支度を始めます。
今回は準備不足で少々不安もありましたが大体の目的はクリアー出来たのでよかたー(≧ο≦)人(≧V≦)ノ 初参加のマッキーあ疲れさんです!次回も都合が合いましたらよろしくね!
ということで2010年とんツーはこれがファイナル!今年は長野しか行ってねーし、活動も少し少なすぎましたね(反省)。
でも、無事2010年も生き残ることが出来て何よりです!!

で、2011年一発目は今年の春のリベンジで横須賀にある“勝”に行きたいと思います。

帰りの道は佐久間ダム経由で、県内屈指の紅葉スポットルートで帰ろうと思います。国道151号を天竜峡方面へ向かいます。この時点で分かっているのは”取り合えず151号を走れば帰れるかも?”位・・・それを頼りにひたすら走り続けます。オイラの先導でだいぶ走ったけどちょっと不安になり途中で再ルート確認。

午前11時、予定通り3びきのこぶたに到着!流石に開店直後というだけあって店内はガラガラです。
外の看板には”林 喜内さんの飯田中ヨーク幻豚”と生産者の顔写写真付き看板が誇らしげに建てられている。で、早速店内に突入します。店内は広く清潔感ありとてもよいふいんきである。ガラガラの店内にはまだ11時にも関わらずお客さんがちらほら・・・みなさん意外ととんかつ好きでいらっるんですね〜

まってました〜!幻豚ロースかつ定食150g2250円の登場です!!オイラは味噌汁を豚汁でオーダーしました。まず目に入るのは勿論とんかつ真ん中のひときれが横にされとんかつの揚がり具合が見てとれます。お肉はうっすら桜色絶妙な揚げ具合!キャベツは別皿で出てきているのでここには茄子と大根の煮物がとんかつさんと同席しております。そのおかげでキャベツの水分で衣がべちょべちょになる心配はなさそうです。ソースは普通のソースにゴマを磨って合えるタイプです。
それではいただきま〜す!うん!揚げが軽い!お肉も柔らかく脂身も勿論おいしい。サクサクとんかつのフレーズに間違いのないサクサク感がたまりませんね〜 ここでイタりィ〜の鋭い指摘が入り脂身のに少々臭いがありそれが気になると言い始めた。確かに少々臭いがある感じもするし、脂身の口どけ感が今一つ足りない感じがした。ですが、軽い揚げと良質なお肉で十分おいしいとんかつでした!もし、次に行くことができたらフライの盛り合わせとかみんなで食べてみたいです!

ちなみにランチタイムは+100円でコーヒーが付けられます。

佐久間ダムから少し走れば行きに通った道と合流します。これから先は快適だな〜なんて思っていたら段々車が増えてきてあっという間に超〜大渋滞!無謀ともいえるすり抜けをガンガン繰り返しやっと市街地まで降りてくることができました。天竜川脇の道路を走りながら遠州灘に沈む夕日横目に進みます。流石に市街地まで降りてくると温かい!道路に設置されている気温計を見ると19度!朝の1度から考えると気温差が20度近くある・・・ハードだよね。 で、マッキーとはお別れ、残されたオイラ達はイタりィ〜のたっての希望で”HYOD 浜松”へ向かうことにします。
休憩も兼ねて展内物色、イタりぃ〜は通勤でもバイクに乗るので普段も使える防寒グッツを買い込み”HYOD 浜松”を後にしました。

佐久間ダム到着目前採石場の泥にやられました・・・流石にこれはきつい。今すぐにでも洗車したいところだが家に帰るまで辛抱だ!

結局、走り続けてまともな紅葉の写真を撮ることができなかった。でも、佐久間ダムまでの紅葉はマジでテレビで見るような綺麗な風景でした。

一発スルーをブチかましたにも関わらず肝心なとこで一人で道を間違えて先頭をイタりィ〜と交代。ここから先は車が一台通るのがやっとな道が延々と続いて行きます。イタとyossyの先導はヤバいな〜と思いながら走り続けると・・・やっぱり居なくなっちゃた(´ヘ`;) こういう所で技量の差がもろに出ますね。オイラは勿論、マッキー君もアプリリアの車格では少々辛そうだ。それでも後続に気を使いながらペース調整をしてくれてなんとかなりました。景色を見ながら天竜の紅葉を見ながらの知らない道は流石にしんどいなー 丁度良い場所に休憩できる場所があったのでそこで小休止です。

なるべく早い段階で天竜川に合流するためのルートを確認して再出発。オイラの先導で曲がるポイントを探しながら全力走行で走り続けます。が、しかし!恒例のポイント全力スルー!だって全然わからなかったんだもん・・・(´・ω・`)  でもね、この道でいずれ合流するからまぁ良いんじゃない?て感じで気にせず走り続けて分かりやすい道路標識がでた所でそっち方面へ流れていきました。

席に座りメニューに目を通します。やはり狙いは”幻豚ロースかつ定食”でしょう!グラム別に90g・120g・150gと値段も1700円〜2250円となっている。他にもいろんなメニューがありとんかつ以外でもそれなりに楽しめそうだ。で早速オーダー、勿論”幻豚ロース”の150gオーダーします。yossyはヒレかつ食べるべく”幻豚のヒレ”を探すもみたら・・・店員さんに聞いても”幻豚のヒレ”はやっていないそうだ。仕方なくyossyもロースをオーダーそれに”おろし”のオプション(+50円)をつけます。ご飯・キャベツ・味噌汁はお代わり自由、味噌汁はトン汁・なめたけ汁から選択可能でお代わり時にチェンジもOKだそうです。
で、調子が悪いイタりィ〜が”幻豚のつくね”オーダー。キャベツが運ばれてきて取り皿に分けて頂きます。つくねもすぐに運ばれてきてイタりィ〜から一本拝借、3人で仲良くいただきます!柔らかくジューシーで一緒に練り込まれた軟骨がこりこりと良いアクセントになっていてとてもうまいです!ちなみにお値段位500円だったかな?

販売していたオヤジに効いてみるけど、口下手なオヤジの言葉はオイラ達に届かず最後の最後までこの”とりじん”が何なのかよくわからなかった。
で、肝心のお味は・・・うん普通の唐揚げかな? お肉の歯ごたえがしっかりしていてお味がちゃんと付いていてまぁまぁかな・・・
イタりィ〜いわく「俺の作った唐揚げのが旨いぜ!」といっていた。

テントのなかでは唐揚げ販売されていていました。
よくわからないが”とりじんのカラアゲ”と書いてある。初めて聞く”とりじん”という物、興味がわいたオイラは一同に100円づづ出し合ってみんなで食べてみることにした。

逃げ込んだ道の駅は遠山郷 サブネームは”遠山温泉郷かぐらの湯” おぉ〜!?正に地獄に仏とはこの事か?!だがしかし、今回のツーでは温泉なんてこれっポッチも考えていなかったのでそれ用の支度をしていないので入ることができない(;´瓜`) すると、施設の端っこに足湯が設置されていた!

小休止後オイラの先導で峠を越えて行きます。道が細く周りは山しかなく民家なんか勿論無い道がつづいているので今現在自分たちがどこを走っているかのかもわからなくなっています。峠を越えオイラ一番嫌いな下りでツイスティな道が永遠と続きます。越えてきた山の正面の山の紅葉がとても綺麗なのですが、走っているところがづーと日陰続きでとても厳しい状態に一同凍死寸前・・・しっかり着こんで来たはずなのにこの気温ではあんまり役にたっていない模様。温かい缶コーヒーでも飲んで一服したいところです。

マッキー君のRS125は日本に輸入登録出来る最後のモデル。とても同じ登録区分とは思えない豪華な装備・・・こりゃ反則ですよ〜パワーだってKSRの3倍位あるんだからかないませんよ。

ホント本日は見事なまでに晴れてます!雲ひとつ見たらない青い空、そしてすこぶる寒い・・・流石に早朝だけあって、まだ山に入っていないのにこの時の温度は9度。防寒対策はバッチリのハズなのに寒い・・・天気予報ではこの日の最高気温は19度となっていたのでこの先ではきっと快適なツーリングが楽しめると思います。

オイラとイタりィ〜のKSRは開催当日前に少しエンジン始動確認をしたので難なく(?)始動。yossy号はどうも始動に手間取っているようでなかなか出てこない、基本みんな年中乗りぱなしでまともにセッティングしてないので調子がイマイチのようだ(オイラとイタりィ〜は夏からの変更は一切なし)。
yossy号もようやく走りだし、予定時刻の7時に出発です!
今回はyossyの同僚も参加予定なので前半の道案内も兼ねて集合場所までyossyの先導で天竜方面へ向けて走りだします。

yossy邸に到着後、軽い朝食を済まし軽い談笑後荷物を下ろし準備を開始。早速、黒部ツーの時渡し忘れたファミリーの証でもある”じゃんくらいだーステッカー”進呈!その場で張ることを強要し強引にyossyXR100号に張り付けて出発の準備完了です!

休憩を終え佐久間ダムまであと少し!どこまでも続く細い道ももうすぐ終わりに近づいてきました。途中所々に水が流れ段々バイクが汚れて行きます。水を踏むたびにテンションが下がり、採石場前で砂&泥を踏んでペースもダウン・・・そこを我慢してゴール目前、細長〜いトンネルを爆音轟かせ抜けるとやっと佐久間ダムに到着!ここには観光客もウジャウジャいる。やっぱりダムは景色が良いですね〜( ^∀^) でも、夏に黒部ダムを見てるから少々迫力に欠けるのは仕方ないですね。

3びきのこぶたの詳しい店舗情報はコチラ!