11月8日 第11回 とんかつーリング 
        愛知県名古屋市in「黒豚屋らむちぃ」

こちらは、普通の味噌カツ定食”大”とひれかつ定食”大”です。yossyは味噌カツは少々苦手のようなので味噌無でオーダー。やはり叩いて繊維を切っているので少々平べったい感じがする・・・これを見てyossyは「なんだかデカイアジフライみたいだな」と一言。みんなで一切れずつ交換して食べてみたが今回はヒレよりロースに軍配があがったようだ。イタりィ〜のノーマル味噌カツも一切れ食べたがこれもまた旨い。基本的には肉の違いだけでこちらは1650円、安いうえに旨いので十分に満足できるから黒豚が食べれなくてもがっかりすることもないだろう。ここでグルメではないオイラにもわかったのが肉質の違いで根本の柔らかさや味の違いを感じることができた。
ちなみにご飯とキャベツはおかわり自由らしいです。

黒豚屋らむちぃの詳しい店舗情報はこちら!

道の駅を後にしゴールの磐田へ向けてもうひと踏ん張り。yossyの話ではまだ結構の距離が残っているという、すでに日は落ちかかり夜もまじかとなってきたここからはより一層の注意が必要・・・のはずだったのにイタりィ〜とyossyはお構いなし(;´瓜`)yossyのホームコースのオレンジロードに入ると二人はすぐにいなくなってしまいオイラ一人きりになってしまった。山を下る途中浜名湖を見下ろす夜景がとても綺麗でしたが(写真なし)少々お疲れなので磐田までノンストップではしりきりました。
18時過ぎにyossy邸に到着。エブリィにKSRを積み込み伊豆への帰り支度を済ませ今年最後のとんツーは無事に終了!今年も大きなトラブルも無く楽しく走り切ることができました!!
来年度は一泊とんツーの計画もあるので楽しみです。
次回は3月か4月位(遅いか?)の開催予定です。どこ行くか全然決めていません・・・

フランクは全部で三種類、大・中・小で値段は大から800・500・350円。この時すでに大は売り切れで中サイズを一人一本づつ購入!こうばしい香りに我慢できずかぶりつくと”ぷりっ!”とはじけて肉汁がどばどばこぼれ落ちる!程よい粗挽きに塩胡椒が抜群に効いていて( ゚Д゚)ウマー!!あっという間に完食!!これだけ旨ければ”大”を食べたかったよ〜!

16時に”道の駅つくで手作り村”に到着。小さい道の駅だが物凄く混んでいた。そして、異常なまでに煙を上げている小屋が真っ先に目についた。先にトイレを済ましてからフランクフルトを購入するべく行列に並ぶことにします。小屋の中では3人が作業しているわけですがこれがまた凄い。水中眼鏡にマスクをして完全武装!そして、煙を外へ出すべく大型の扇風機が2台小屋の中で回っていた。時折中の人がペットボトルの水で目を洗い流しているのが印象的でその作業環境の苛酷さを物語っていた・・・かってな見解かもしれないが恐らく日本一過酷な出店ではないじゃかな??

名古屋城を14時前に出発。帰りは国道153号から301号の山道ルートで静岡県を目指していきます。帰りの出だしはイタりィ〜の先導でスタート。だがしかし何を勘違いしたのか向かうべき方向とは逆の方向へ行ってしまい軽く迷子になってしまった。地図を確認しながら何とか進路修正をし153号に合流!少々分かりづらい道だけど道路標識にしたがって間違えないように走っていきます。思っていたより301号へのアクセスが遠く不安になりながら(俺だけかな?)休憩を取らずに黙々と走り続けます。
301号へ合流し今回の最大?の山場になるワインディングエリアに突入!時刻は15時過ぎ、気力・体力ともに限界が近づいてきたこの時間に浜松までずーとワインディングが続きます。それでも山道に入ると水を得た魚?のようにペースアップ!ひたすら全開で走り続けちょっと疲れてきたころにイタりィ〜から休憩コールがでた。

展望台でさらに汁だくになり下の階へ下りていきます。下の階は博物館のようになっていて名古屋城の歴史や文化などが紹介されていました。
天守閣を一通り見学し天守閣前に合ったお土産屋でちょっと買い物をしてから帰り道に備えて一休みします。とにかくこの時間は気温が高くてホントに辛かった・・・これなら夏ジャケでいい位だが夕方のことを考えると致し方ないところである。

お目当ての味噌カツを食べて大満足したところで、当初の予定通り名古屋城見学へ向かうことにします。幸いにして”黒豚屋らむちぃ”からはそんなに遠くない距離にあるので道路標識の案内に沿って迷うことなく名古屋城にたどり着くことができました!
時間的には12時を少し回ったころです、天気も快晴になり気温もぐんぐん上昇!冬ジャケを着ているおいらたちは少々汁だくである。まぁそんなことはどうでもいいけど、まず、オイラ達は名古屋城入口付近にバイクを路中し入口で入城券を買います(大人1人500円)。入城門をくぐり城内に入るとまず目付いたのは菊の品評会が開催され菊の花がずらーと並べられていた(写真なし)門のすぐわきには実物大の金シャチがドーンと置いてあり皆さん記念撮影をしておりました。帰りの時間もあるのでとっとと城内見学を済ませるべく足早に天守閣に向かいます。まず天守閣に入ると真っ先にてっぺんまでエレベーターで上がります。5階は展望台になっており名古屋市内を一望できます。先月レーシックを受けたので遠くまで綺麗によく見えます!こういう場所に来ると本当にレーシックを受けて良かったな〜とつくづく思いました。

待ってました〜〜こいつが味噌カツ嫌いも克服させてくれる魔法の味噌カツ!黒豚味噌カツ 2650円です!!こいつにキリンフリーをジョッキに注いでいただけば気分は上々!テンションあがりますね〜 え?ネギとキャベツしか無いって??これがいいんですよ!では出来立てを早速一口いただきます。おぉ!?味噌カツだ〜〜〜!(当たり前)味噌の甘さとたっぷりネギの調和がたまらんです!自慢の鹿児島産黒豚もやわらかでとても食べややすい。お肉を叩いて繊維を切っているので結構柔らかですよ〜 食べ進んでいくと味噌の甘さが少々気になってきたが、たっぷりネギと一緒に食べるといい感じになって最後の一切れまでマジ旨でいただくことができました!

地図を見ても全然場所が特定できずに少々迷い気味・・・何とか通りの名前を頼りになんとか目的のお店”黒豚屋らむちぃ”を発見!バイクを路中しお店のある地下へ下りていきます。
店内は開店直後でしたが先客がいる様子。とんかつ屋なのに女性客のグループがいた!?(いてもいいんだけどね)
この店実は”黒豚屋”と名乗っているが、黒豚とんかつは数量限定で1人前しか用意できないらしい(少な!!)イタりィ〜も黒豚味噌カツを楽しみにしていたが、この日の黒豚はオイラに譲ってくれた(感謝!)。

さすがのイタりィ〜も1時間近くに及ぶすり抜けで本日一回目の疲労のピークがやってきた。そこで知立市国1沿いにあるファミマで一服することにする。ここのファミマは駐車場がバカ広くツーリングの人やらドライブの方々など様々人が休憩&待ち合わせをしていた。オイラのタイムスケジュールは10時に名古屋城入りして、11時からとんかつというスケジュールになっていたのでオイラが出発をせかすと、イタりィ〜はもう少しとまだまだ休憩モード・・・このとき時計は9時半を指していた。そうこうしていると旧車会らしきバイクが1台また1台と増えて行き駐車場が旧車会のバイクで溢れ返ってしまった。ここでやっと重い腰を上げて名古屋市内を目指して走り出します。
名古屋市内に入り地図を確認しながら目的の店を探っていきます。このときすで時計は11時近くを指していたので予定を少し変更して名古屋城見学の前に味噌カツを先に頂くことにした。

翌日は朝6時に起床。寝起きと共に車からKSRと装備品を下します。その間にyossyが朝食を用意してくれた。流石に30も半ばの独身男性は一味違いますな〜簡単な材料でとっても美味しいピザトーストを作ってくれました!(ごちでした!)朝食を済ませ、来るはずのないゲストとの待ち合わせ場所のヤマハスタジアム前に向かいます。やっぱり誰もいなかったのでジュビロ磐田のマスコット”ジュビロくん”の前で一枚写真を撮り名古屋へ向かい再スタートです。
とりあえず国道1号をひたすら走って海沿いのルート”浜名バイパス”から愛知県を目指していきます。途中”道の駅潮見坂”でトイレ休憩。目的地はまだまだ遠いな〜
道の駅を出発し、しばらくすると愛知県へ突入!まだ早い時間なので車の流れも順調で快適に距離を伸ばしていきます。8時を過ぎるとだいぶ車が増えてきた。ここはイタりィ〜の先導で車と車の間を縫うように全力疾走で先を急いぎます。

今年度最後のとんツーということで今回はより一層力を入れて名古屋までKSRでひとっ走り行きたいと思います。今回は高速道路1000円の恩恵を受けるべくオイラの”エブリィ号”にKSR2台積みでyossy邸まで移動することにします。名古屋までの道のりはビックリするほど遠くはないが時間に余裕を持たせるために早朝出発の予定でいるので、前日の夜にyossy邸で一泊させていただくことにします。
伊豆を19時に出発。途中休憩を入れながら22時位にyossy邸に到着。到着ごすぐにいつもの”当てにならない地図”を今回はyossyとイタりィ〜が話し合いながら準備していく、すると何をどう間違ったか、いきなりディスプレイの表示が変わりてんやわんや・・・この後、スーパー銭湯に向かったのだが時計は0時、閉館1時間前に入館。時間ぎりぎりまでゆったりつかり、その後ビールで乾杯して寝たのは2時位・・・明日も辛い旅になりそうだ(´ヘ`;)

途中にあったコンビニに立ち寄りトイレ休憩をしようとおもったらyossyが「この先の道の駅のフランクフルトが旨いよ!」とグルメ情報が!そこは今回のとんツーを考えている時に”旨いフランクフルトが有る!”と情報があったものの何処だか分からずルートから外していた場所。思わぬラッキーに一同すぐに出発します!