とにかく塗ってみた

今までバイクをいろいろイジって来たけどまともに塗装という作業をしたことが一回もない・・・だけど、この作業を避けて通ることは絶対にできない(;´瓜`) Webで塗装に関するサイトを検索してよさそうな道具と作業工程をよく調べ、取り合えずよさそうな物を購入してみた。
フレームの塗装用にイサム塗料のエアーウレタン×4本と同社プラサフ×2本とテロソンコーポレーションのミッチャクロン×2本を用意ししました。エアーウレタンは2液ウレタン塗料が缶スプレーになったすぐれもの(だけどスゲー高い)!デイトナなんかにも供給がある商品です。ミチャクロンは塗装面と塗料の食いつきを良くするプライマー。いろんな部材に使えて、自称”下地処理不要”な位に強力らしい。いろいろ調べていくと結構使っている人が多くてこいつを使えばもっと食いつくらしい、何より名前が気に入りました!ミッチャクロン・・・いかにもくっつきそうだ。あと、忘れてはいけないのは脱脂用のシリコンオフ。これをY!オクで4ℓ購入しました。

この缶スプレーは一回使い切りなので次の日に持ち越すことは不可能。なので、練習?がてら1本分塗ってみることにした。塗装するパーツはFフォーク・トップブリッチ・スイングアームの3点。スイングアーム以外は#600で足付けしただけのものにミッチャクロン処理したものに塗装します。
Fフォークは、いらないトップブリッチ固定してビールケースに差し込んで塗装します。

スイングアームは前日にミチャクロン処理後にプラサフを吹いていた物を#800のペーパーで優しく丁寧にといで行きます。で、もう一度プラサフを吹いて研いであげました。水洗い後、エアーで水を飛ばしてよく乾燥させます。

一回目 マダラです( ; ゚Д゚)
これで良いのかよくわからないが、焦りは禁物と誰か言っていたのでがまんがまん!スイングアームは塗りにくそうなとこから攻めていきます。

では、塗ってみましょう!

二回目 まだまだマダラです。
一回目から約10分間を取って塗装しました。
まだ、塗りにくそうなとこを攻めつずけます。

三回目 だいぶ黒くなってきた!
二回目からまた10分後、だいぶめんどくさくなってきたので今度は全体的に塗ってみた。どのパーツもいい感じに塗れているようす。

四回目 いい感じだが缶スプレーの残量が少なくなってきた・・・(|| ゚Д゚)
日に当てながら塗りこぼしを探します。いろんな角度から見てみると結構濡れていない箇所がある。今度はそいつらを埋めるように攻めていく。この辺になってくるともうテキトー・・・うりゃ~!て感じで塗ってます。

五回目です。だいたいいいかな?てとこで缶スプレーが1本終了しました。後半戦で少し雑になったせいで少し垂れているとこがあるけど、初めてにしては上出来です!艶消し黒だから簡単だったのかな?なんか今時のアルミフレームみたいな仕上がりでかっこいい!ともよいウォーミングアップになりましたよ、これでメインフレームと闘えそうだ。
だけど、まだ少しだけ塗れていないとこがあったのでもう少し塗らないといけないなかな??
これだけのために1本開けることはできないのでメインフレームを塗る時に補修しましょう。